<   2012年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

441108ch(吉井和哉チャンネル) / illustration for the website:441108ch

2011年に描かせてもらった吉井和哉氏のCDアルバム
『The Apples』と『After The Apples』のジャケット画に引き続き、
今度は吉井クンの会員限定PCサイト
441108ch
吉井和哉チャンネル
のイラストを描かせていただきました~!!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+
c0117145_7162953.jpg
描いたイラストはこんな感じ↑ですが、サイトではピコピコ光ったり動いたりしてます♪
良かったらコチラを覗いてみて下さいね~(外部サイトへジャンプします)

PCはひたすら苦手なので描くことしかできませんが、
あんな風に加工してもらえてホントうれしくて大感動しておりますっ(ノД`)ウレスィ~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
せっかくなので制作に関する話でも・・・(^v^)b


『会員サイト』を作るので、その中で使うイラストを・・・とメールで依頼が来ましたが
最初の段階では細かいことがほとんど決まっておらず、互いに
「どんなのにしましょう・・・?(--;)」とひたすらハテナの飛び交う状態(笑)

「メールでのやり取りだと時間がかかるので、お時間いただければいつでもうかがいますっ」と
いろんなイラスト群を持参して、事務所で打ち合わせ

その時にサイトコンセプトを聞いていて印象に残ったのが
「ファンの方たちからの声やメッセージを直に受け取り、双方向に発信する」ということ

さらに吉井クンからのメッセージを発信する予定のアップルスタジオや、
レコーディングルームも見せてもらい、イメージがグググ~ンと膨らみまして・・・
(あ、いずれサイトで画像アップもありましょうが『アップルスタジオ』は
極めて『吉井和哉的』でものご~~~くいい感じでしたよー)

作画の手順としては、まずラフ画を数点送ります
c0117145_7395884.jpg
c0117145_7401534.jpg
上の2点は今回送ったもので使わなかったもの

"会員の皆さんからのメッセージを受取り、吸い上げてパワーに変換し発信。
今度はそれを皆さんが受取り、パワーとする"
というイメージです(使用分含む)

使うイラストが決まったら、下描き→ペン入れ→彩色・・・で原稿完成~!!!

納品も終わりホッと一息ついていたら
「これとは別に虹のイラストを単体で描いて欲しい」とのメールがっ!
ん?虹・・・って、あの虹?
さらに「7色ちゃんとあった方がいい気がする・・・」って・・・ひ~っ!!!
いざ描こうとしてもシンプルだしイメージが固まっているだけに難しい~(ToT)

PC上で描いてたものの、消しては描きを繰り返しすぎると何が何だかわからなくなるので
72色のクレヨンを引っ張り出してきて、画用紙に色実験のお絵かき開始

本能の赴くままに描いてましたが、改めて見ると『虹』だけに幼稚園のお絵かき状態(笑)
ベーシックな7色から地味~な和の色を用いたものまで何10パターンも描きまして・・・

その中からいくつか候補の色を選び、次は太さ、弧の角度、かすれ具合などを変えて
数パターンを作成し、選び出されたのがサイトの右下に鎮座している虹ちゃんであります♪
シンプルに見えて、意外と苦労したんですよ~(^m^;)

自分のHPがないぶん、覗きに行ってはニヤニヤしながら
自分のも作りたい熱がムムムーンと出てきた今日この頃でありますっ(/--)

[PR]
by torutera67 | 2012-10-28 09:16 | works お仕事 | Comments(2)

描き文字のお仕事 design of the scripts

なかなかお仕事情報をお知らせすることのない寂しい状態でしたが
久々のお仕事は自分でも初めてのタイプの『描き仕事』でした(^^)b

My recent work is to design the scripts in Japanese letters of the book below:
それはコチラ↓
c0117145_2220076.jpg
『鳥の王さま~ショーン・タンのスケッチブック~』
ショーン・タン著/岸本 佐知子訳
河出書房新社刊


描き文字(文字デザイン)

"The BIRD KING and other sketches"
by Shaun Tan / translated by Sachiko Kishimoto
published by KAWADE SHOBO SHINSHA Ltd.


左が原本で、右が日本語版
表紙を初めとした本文以外の日本語部分が私の描き文字です

ショーン・タンさん自身がイラストレーター(と言うか、何でもこなすマルチクリエーター)であり
原本の文字が手描きだったため「よし!日本版も文字は手描きで」と
編集さんに声をかけていただいたのが始まりであります

これまで人の作品に表紙イラストや挿絵で参加したことはあったけど
『文字』ってのは初めてなので、最初はものすごく悩みました~・・・(--;)

最初は普通の文字体を手描きで色付けしただけだったけど
最終的に、ここまで思い切ったものに
c0117145_22201711.jpg
背のタイトル部分も描き文字が使われていてうれしいッス♪

いつかは自分もこんなスケッチブックを出してもらえるようになりたいものですなぁ

[PR]
by torutera67 | 2012-10-20 23:46 | works お仕事 | Comments(0)